Banggoodトップ
gearbestセール

ドローン初心者講座 bindとレシーバー(受信機)とプロポ(送信機)

「eachine 65 使用可能プロポ」という検索があったので、BNFドローンとプロポをバインドさせるのに重要なのがレシーバー、その種類と特徴について簡単に解説します
バインドとは、ドローン本体とプロポをペアリングさせて操作可能にするための作業です。BNF機は基本的にこれを行わないと飛ばす事ができません

Bindするための重要点1:レシーバーについて

Bindさせるためには、送信機(プロポ)からの電波をドローン本体に搭載されている受信機で受信しなかればいけないのですが、その際に重要になるのがレシーバーの形式です
レシーバー
一般的なBNFドローンで搭載されているレシーバー一覧
  • FUTABA Fasst Receiver
  • Flysky Receiver
  • FrSky Receiver
  • S-FHSS+D16 / Futaba+Frsky
  • DSM2/DSMX Receiver
  • RX2A PRO
  • FM800 (Fasst)
製品を買う時は自分が持ってるプロポが上記のレシーバーに対応しているか確認して、レシーバーを選択して購入する必要があります

Bindするための重要点2:送信機(プロポ)

BNFはRTFと違い、コントローラーは付属していません。自分で専用のプロポを用意します。この時用意したプロポから送信できるプロトコル形式が、上記、レシーバーと一致してる必要があります。対応してない場合、bindはできないので買い物の際はご注意ください

bindの方法色々:実はレシーバーによって違う

bindの方法はレシーバーによって違うやり方なので、その辺は説明書にも書いてますが・・なにぶん海外製は文字が小さく読み取れないケースも多いです(笑)そこで比較的、このやり方が多いよ!というbind方法をまとめます

bootボタンを押しながら、バッテリーを繋ぐ

KingKong/LDARC ET100 キャノピー開けてbind
機体によっては背面にあったり、キャノピーをばらして中にボタンがあったりします。このボタンをピンセットや細いドライバーなどで押した状態にしながら、バッテリーを繋ぐと接続音と早いLED点滅などで、bind待機状態になります。
その状態でプロポ側でレシーバーと同じプロトコルを選択して、bindボタンを押すと正常に接続されます

バッテリーを繋いでからbootボタンを長押し

Eachine US65/UK65 bind
これは一番簡単で手っ取り早いやり方です。普通にバッテリーを接続してから、bootボタンを長押しでLEDの点滅開始で接続待機状態になるタイプ。後はプロポ側でプロトコルをあわせてbindを行うだけのお手軽タイプです

Betaflightでコマンドを入力してから繋ぐ

URUAV UR65 
これはDSM2/DSMX Receiverで体験したほうほうです。まず本体をmicroUSBで接続し、BetaflightのCLI画面でコマンドを入力
  • DSM2の場合:set spektrum_sat_bind=5
  • DSMXの場合:set spektrum_sat_bind=9
  • saveを入力してエンター
ここまで実行すると接続解除状態になるので、microUSBを抜いて、もう一度差します。すると先ほどまでなかったLEDライトの点滅(点灯)状態でbind待機状態になるので、プロポ側でプロトコルを合わせてbind完了できます

まとめ:送信機(プロポ)と受信機(レシーバー)を対応してる事が重要

検索されてきたワードは「eachine 65 使用可能プロポ」というものでしたので、おそらく検索者はまだプロポを持っていないという事。そして、対応プロポを探してるという時点で、ドローン側ではレシーバーが選択可能であり、レシーバーに合わせる方法があるという事も知らない訳なので そういった人たちのために、今回この記事をまとめました
その観点からおすすめのプロポはJumper T8SG V2 PLUSです
私がBNFドローンにハマってから飛ばしてる機体は全てこのプロポ一本でBindして管理してます。なぜ、それが可能か?というと、実はこのJumper T8SG V2 PLUSというのは以下のレシーバーすべてに対応しているマルチプロトコルタイプだからです
  • Flysky Receiver
  • S-FHSS+D16
  • DSM2/DSMX Receiver
  • RX2A PRO
※これ以外にも色々なプロトコルがありますが、売ってるBNFドローンはこれらのレシーバーを選べばbind可能です+市販のRTFドローンにも色々対応しています(Bugs3/6等のモデルやHUBSANシリーズ等)
ちなみに、送信機と受信機の考え方はドローンに限った事ではありません。最近では、ミニホバークラフトなどもレシーバーが対応してるという事で色々楽しめてますよ( ̄▽ ̄)
ドローンにあわせてプロポを買うのではなく プロポにあわせてドローンの対応レシーバーを選択する
こういう風に覚えておくと間違いないですね( ̄ー ̄)ニヤリ

ドローン買うなら今はここが安い!最新クーポン更新情報

Banggoodトップ
gearbestセール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください