Banggoodトップ
gearbestセール

DJI FPV System Air Unit デジタル720p60fpsが凄すぎて・・

FPVレーシング、いやFPVドローンの全てがこれをきっかけにデジタルへ移行すると言っても過言ではない。見れば納得するDJI FPV System Air Unitの凄さ・・
10:17秒から実際の飛行操作中のゴーグル映像差。これはアナログで飛ばしてるから違いが操作の安心感に出るのを凄くわかる。14:52からの雲の上に飛びぬけた景色はヤバい!動画で飛ばしてる人も「永遠に使うわこれw」と言ってるのも納得
1080p60fpsの飛行録画映像。個人的にはこんな何もない広い空をただ飛ぶだけでも満足できそう(笑)

720p/120fpsのリアルタイムデジタル映像/DVR付き

DJI FPV System Air Unit ゴーグル
レイテンシーは28ms、最長4km(※専用トランスミッター必須)離れた場所からでも超低遅延な映像を送れる仕様な上に、1080p60fpsのカメラの録画映像。広角150°ISO感度25600のカメラと聞いただけでワクワクしますね

撮影プランにあわせた多くのモード

DJI FPV System Air Unit スタンダード
映像が比較的緩やかに流れる低速飛行にあわせた撮影プラン スタンダード
DJI FPV System Air Unit レーシング
超高速で対象物を通り過ぎていく流れる映像に最適なレーシングモード
DJI FPV System Air Unit LED
夜間のLEDライトを目印に捉えるLEDモード

ISO 100-25600に対応で夜間飛行可能

夜間というか夕方の光が少なくなってから飛ばせば一目瞭然ですがドローン用カメラって暗さにとても弱いですが、ISOの最大値25600と、わずかな光でも拾って明るく再現できるというのは便利です
外で夕暮れの中でも飛ばせるし、室内レース場のLEDライト以外が見えない暗めの部屋とかありますからね。その点はこれはデジタルで彩色もかなり綺麗に反映されているようなので、めちゃくちゃ凄いと思う

伝送距離4kmの秘密は専用トランスミッターによる増幅効果

DJI FPV System Air Unit トランスミッター
上記の動画を見たらわかると思うけど、操縦者からだいぶ低空で道なりに、草木のしげる山道を離れていっても、まったく映像にノイズのひとつも入らない理由は、専用トランスミッターによる増幅効果によるものだと思います
通常のアナログカメラでは、完全にノイズまみれで視野を確保できなかった距離もゆうゆう飛んでる姿はまさに理想です(*´Д`)ハァハァ。ただ、このトランスミッターが無くてもゴーグルとドローンに取り付けのデジタルFPVカメラとしても別に使える模様
DJI FPV System Air Unit analogとの違い

これからデジタルFPVを考えるならこのキット!

まずDJIでレーシングドローンに搭載できるレベルの軽量の1080p60fpsのDVRFPVカメラだけでも凄いのに、その映像をリアルタイムに720p/60fpsでノイズなしのデジタル映像で受信できる専用ゴーグル!さらに、映像伝送を増幅する専用トランスミッターを使えば操縦中の映像ロストの不安要素が解消される!
これだけはっきりとクリアなデジタル映像なら、その辺の広い空を飛ぶだけでも優雅で絶対楽しいと思うし、何より事故率が格段に減ります(※FPVの事故はたいてい映像ロストやノイズなどで視界が悪くなる事)
(-ω-;)ウーン またひとつ欲しいものがでてきた・・

DJI FPV System Air Unit 価格

DJI FPV System Air Unit
※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:FPVカメラ+ゴーグル約100000円~ FPVカメラ+ゴーグル+トランスミッター約120000~

ドローン買うなら今はここが安い!最新クーポン更新情報

Banggoodトップ
gearbestセール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください