Banggoodトップ
gearbestセール

AOSENMA CG035 Optical FlowとGPS搭載 空撮用トイドローン

AOSENMA CG035は飛行安定性で言えばデュアルGPS+ブラシレスだけでも凄いのに横風に流されないOptical Flow付き。おまけにブラシレスモーターでアクションカメラを搭載して飛行できるトイドローン
この動画を見たら一目でわかるのは自動追尾のフォローミーモードの追従の凄さですね!飛ばして遊ぶにしても結構な速度が出るのでレースドローン顔負け(笑)
しかもあんまり大きくない中型サイズでこのスピードと性能は凄い!動画ではカメラは付属じゃないジャイロ付きアクションカメラを使ってるみたいですが、アクションカメラを搭載して飛べるパワーの証明ですね

安定空撮のGPS機が欲しいならAOSENMA CG035

AOSENMA CG0355に惹かれた理由は空撮をするなら?という点です
私はHUBSAN H502E X4 DESIRE で初めてのGPS体験をした事で、欲がでました
  • 1080pの時代に720pでは物足りない
  • 搭載カメラレンズが黄色が強くオレンジっぽい配色
  • GPSで風に流されないが機体が傾くと固定内蔵なのでカメラ画角が動く
  • 急速な上昇下降と移動が併用できない(上下か前後左右かが両立できない駆動性)
以上の点から次に買うならこれとして検討していたのがAOSENMA CG035
ブラシレスモーターでメンテナンスフリー+GPSもデュアルで安定性も高く、おまけに専用ジンバルカメラをつけた場合、カメラ画角のコントロールも自由にできる!
1080pでジャイロカメラ付き、おまけに5.8GFPVでリアルタイムの映像なしと、空撮におけるすべての重要ポイントを抑えている機体なんですね
ただ、なぜAOSENMA CG035を買わなかったかというと・・当時はまだ情報も経験も少なく、GPS2機目にこれを買うには予算がちょっと(;´・ω・)という心配が先行したからなんですよね
私がデビューした時はとりあえずHUBSAN買っておけば間違いない!という国内勢の安パイを信じるしか道がなかったからなんですが(笑)
色々トイドローンを飛ばした点から言えば、空撮にはカメラジャイロは必須。そしてアクションカメラを搭載して飛ばせるパワーが何よりも重要。その2点を最初からクリアしてるトイドローンは数が限られているため、AOSENMA CG035は貴重なタイプ
以下、個人的にピックアップしたい機能について

Double GPSによる飛行安定性

GPS飛行において怖いのは飛行中に衛星のキャッチ数が減り、自動制御が乱れる事です。この辺はドローン初心者講座 GPSタイプのメリットとデメリットでも説明しています
その点、デュアルGPSはGPS受信機が2つ搭載されているため、安定性は向上。わかりやすく言えば、FPVのシングルアンテナとツインアンテナの違いみたいなものなので、安全性を考えるならデュアルGPSのほうが安心です

Optical Flowによる自動ホバリング

オプティカルフローについてもドローン初心者講座 オプティカルフローポジショニングとは?でまとめていますが、GPS信号をロストした時に役立つのがOptical Flowです。通常だとGPS信号をロストすると、現在の高度を維持するためAlutitude Holdに切り替わります。
しかし、この場合、横風などによって位置が流されて移動してしまう・・そこで発動するのがOptical Flow、センサーが捉えた映像のズレを検知してその高度・その位置をキープしてくれるという仕組み
GPSの信号ロストは一時的なタイミングが多いため、このOptical Flowでホバリング待機している間にGPS信号をまた拾い安定性を取り戻せるという安全装置

アクションカメラを搭載して飛べるパワー

最初からMJX C6000のような1080p 5.8Gアクションカメラ搭載して飛べるパワー設計という点も大きいです。FPVモニターを用意すれば遅延なしのリアルタイムFPV飛行をしながら1080pの空撮が可能になります
今はアクションカメラ自体にジャイロ機能がついて撮影機器も進化しているため、より綺麗な空撮を行う事ができると思います。AOSENMA CG035専用カメラは3軸ジャイロジンバルでカメラ角度調整可能。リアルタイムで画角の調整もできます

自動追従のフォローミー性能

AOSENMA CG035
被写体をおいかけるフォローミーオートトラッキング性能が高いとオービットなど特定のポイントを軸にしたサークル撮影などでも使えます
搭載するアクションカメラ自体にジャイロ機能や広角レンズがあれば、かなり滑らかな広範囲の水平空撮が可能になると思います
くるくるサークル飛行をする場合、光源の位置も変わるのでWDRやHDRなどコントラスト自動調整機能があるアクションカメラを別途使うといいでしょうね
そういう意味ではカメラは付け替え可能なアタッチメントと考える事ができるので、やはりアクションカメラをマウントして飛行できるパワーと安定性があってこそです
AOSENMA CG035

AOSENMA CG035 取り扱い販売ショップ(平均価格)

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約22000円~

ドローン買うなら今はここが安い!最新クーポン更新情報



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください