Banggoodトップ
gearbestセール

そうきたか!空飛ぶアクションカメラ APEX GD-145B FOXBAT

カメラ設定がアクション並に細かく60fps!?と思えるほど滑らかな空撮を可能にしているAPEX GD-145B FOXBATを考察
この動画で最初に驚いたのが、ん?プロペラの映り方がおかしい・・
飛んでる映像が滑らかだぞ!?(゚Д゚;)という点
これはFPS24や30では到底出せない映像・・もしかして60fps搭載!?720pならありえるかも(※60までいかなくても30以上だろう)
高速旋回中でも映像に乱れがないだと!?こいつはスゲーのがでてきたぜ(;゚д゚)ゴクリ…

流線形ボディで風の抵抗を軽減

APEX GD-145B FOXBAT
安定の秘密はボディ形状にあり!?
このボディぱっと見て、ついこないだ考察したFairy pocket droneに似てるな~と思いました。この流線形のデザインのもっとも大きな利点は風の抵抗が少ないという点です。
横からの風はボディ底面には当たるけど、上面はする~って逃がすデザインなので待機ホバリング中の飛行安定性がぐっと増す工夫です( ̄ー ̄)ニヤリ

詳細なカメラ設定オプション

APEX GD-145B FOXBAT
APEX GD-145B FOXBAT
カメラ設定を開いてびっくり!(゚Д゚;)細か!
ホワイトバランス・露光調整・明るさ等を天候にあわせてマニュアル設定が可能。デフォルトではAWB(自動設定)になっている模様
こんな調整トイドローンでは見た事がなく、アクションカメラで行うような設定なので、以下に撮影よりに開発されているかわかります

デジタルスタビライザー?と思えるほどブレないOptical flow

最初に見た瞬間、60fpsであっても機体が傾けば画面ががくがくするのが普通なのに水平にブレがない映像だったのでDJI TELLOのような内部処理によるデジタルスタビライザー補正でもかかってるのか?(゚Д゚;)と思いましたがどうやら違うようです
メカニカルジンバルや2軸のジャイロ機構がついてるようにも見えないし、設定項目もないようなので、おそらく単純にOptical flowの安定度でこの映像なんでしょうね。流線形デザインで風の抵抗を減らしているのも風をいなして機体傾きを起こさないポイントかも

問題点は伝送距離の短さ?

良い点ばかりでもなさそうです(;^ω^)惜しい
動画を見る限り、近くを飛ばす時のFPVは60fpsで滑らかだったのに対し、20~30m離れた所でアプリ画面がフリーズしてた事から、あんまりカメラの伝送距離は長くはない模様。
その辺はアクションカメラのWIFI機能も同じなので、もしかしたらアクションカメラの性能をトイドローンに積んでみた!( ̄▽ ̄)という実験機かもね
microSDカードとか本体録画で搭載できればこいつ化けるぞ!?

APEX GD145Bまとめ

  • Optical flowの待機ホバリング安定
  • アクションカメラ級の設定・60fpsの可能性
FPVで飛ばして遊ぶには伝送距離はちーと短めっぽいので何とも言えないけど、天候にあわせてカメラの露出やホワイトバランスを調整できるので自撮りセルフィー用途で言えばこれかなり使えると思います
遠景の空撮ではなく、直近の自分周囲の空撮に特化したという意味ではトイドローンの進化に新風をいれる良い変化(≧▽≦)中華アクションカメラという安くて性能が良い技術をこうやって搭載してくれるのはありがたや(。-人-。)
APEX GD-145B FOXBAT

APEX GD-145B FOXBAT 価格

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約6700円~

ドローン買うなら今はここが安い!最新クーポン更新情報

そうきたか!空飛ぶアクションカメラ APEX GD-145B FOXBATへ2件のフィードバックがあります。

    1. OmmyEatWorldさん いらっしゃい

      そうですね、コアかブラシだと思うのでいずれは消耗、交換は必要になるかと(;^ω^)
      一度ブラシレスを経験しちゃうとそこ見ちゃいますよね

      とはいえ、fpsが高そうなのは魅力です
      あとは、映像の伝送距離もカバーしてくれれば(‘◇’)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください