Banggoodトップ
gearbestセール

DJI ROBOMASTER S1 これからラジコンカー買うならこれ一択!

DJIが生み出すモンスターマシン。2軸メカニカルジンバル+FPVリアルタイム伝送、ブラシレスモーター搭載、さらに水平スライド走行もできて、アクティブトラックで対象自動追尾にローアングル撮影まで!?しかも走行速度やルートはプログラミング可能(;゚Д゚)こいつはヤバい「DJI ROBOMASTER S1」を考察
まさに次世代のおもちゃと呼ぶにふさわしい凄まじい製品が登場しました
その名も「DJI ROBOMASTER S1」
見た目はロボット戦車でなんか走りながら撃って、2~3台くらいで遊ぶおもちゃなんだろうな~
・・という世間一般のトイ愛好家の予想を強烈に裏切るハイスペックなので紹介していきましょう!

2軸のメカニカルジンバル WIFI FPVカメラ搭載

まず最初に驚くべき点は、これ!カメラ付いてるんです(;゚Д゚)えぇ!?
そうカメラ制御機能に強いDJIのカメラですよ?しかもリアルタイムFPV伝送でスマホでモニタリングしながらカメラの向きまでコントロールできるんですよ
しかもカメラ制御はジャイロ付き+誤差0.02°で精密な動きが可能な上に720pのHD録画までできるので、走行時の映像は全て綺麗な映像になるんですね

人・物のアクティブトラック&自動追跡撮影可能!?

DJIの強みでもあるアクティブトラック機能を搭載しているので、人や動く物体をターゲットに指定すると、その動きにあわせて自動的に追跡走行をしてくれるという優れもの(;゚Д゚)
しかもその映像は、前述したようにHD720録画+リアルタイムFPV伝送でスマホでもチェック可能、さらに誤差0.02°のメカニカルジンバル制御がここで生きてくる訳ですね

最大出力トルク250 mN•mの高性能ブラシレスモーター搭載

DJI ROBOMASTER S1
ドローンやラジコンのブラシレスモーターに詳しい人ならわかると思うけど、3508という数値に注目すると思います。通常3sのバッテリー搭載のレーシングドローンなどでも1800kvくらいなのですが、その倍近い数値。径が大きくなっているのもあるかもしれませんが、それだけ回転力とパワーがあると期待できますね
また単純にブラシレスモーター搭載のラジコンカーの値段(4~5万)を考えると、それ以外のパーツが魅力的すぎて比較になりません(;´∀`)FPVの2軸メカニカルジンバルカメラ搭載+720p録画+メカナムホイールで高速スライド走行可能で64800円という圧倒的破格(;゚Д゚)!

メカナムホイールで水平移動可能!?

ここが従来のラジコンカーにも、ドローンにも存在しない新たな仕組みで、水平にスライドするように走行できるって・・どんな仕組みだよ!?(;゚Д゚)
最近の車の水平移動で縦列駐車も楽々っていうのは、止まってる状態からタイヤの向きが180°横を向く事で可能になる話だけど、タイヤの溝部分に回転するホイールがついているため、前方に移動しながら、横に移動する=このラジコンは高速走行中にドリフトのように横スライドできる訳なのですよ!(;゚Д゚)かっけぇ

ライントレース走行で楽しめる!

DJI ROBOMASTER S1
はい!( ̄▽ ̄)しっかりと「おもちゃ」という部分にも落とし込んできましたね!
高性能なカメラ撮影、被写体自動追跡撮影などなど、大人が求める機能はおいておいて、根本のターゲットは子供というキッズ!なので遊びの部分にフォーカスしないといけない訳ですが、こちらは実に合理的な機能
線(ライン)を認識してライン上をトレース走行できるという仕組みがあるため、遊ぶ場所を選ばない(室内でもOK)というのも魅力の一つです。ビニールテープなどで適当にぺたぺたとコースを作る事ができるので、家の中でも、玄関からリビングいって、キッチンをとおって、廊下に出て一周!(/・ω・)/なんて障害物を気にしないで走行する姿を見るのも一興です

プログラムとカスタムする楽しみを学習する

DJI ROBOMASTER S1
買ったて届いたらすぐに遊べる!(;゚∀゚)=3ハァハァというラジコンと違い、自分で構造を見ながら0から組み立てるタイプなので完成したら喜びもひとしお!さぁ(*´Д`)ハァハァ走らせてみよう・・と遊び始めた時、あれ?早すぎて(;・∀・)ぜんぜんコーナーを曲がり切れないじゃないか
という時に、通常のラジコンだと自分で操作が上手くなる努力をしなければ、楽しさまで到達できないのでけど、このROBOMASTER SIはここが違います
DJI ROBOMASTER S1
物理演算できますよ!(/・ω・)/ ・・と言われても子供はさっぱりかもしれませんが、走らせてダメな理由やポイントを目で確認する→どうすれば曲がり切れるかを考える→そこを調整してテスト走行→というトライ&エラーを繰り返す事で、これが物理なのだ!という事を実践学習しつつも・・そのカスタムをしていくプログラミングは、将来技術的に恐ろしいほどに役立つ、実践プログラミング学習を遊びながら身に着けるという・・これが中国の教育スタイル(;゚Д゚)そら優秀な技術者育つわ!

まとめ:世界に羽ばたく技術者を育てる知育玩具

ラジコンに興味を持った子供に買い与える事で、将来のエンジニアやプログラマー特性のプラス以外の何物でもない上に、一流のカメラ性能と制御技術も体験する事ができるので、遊びながら伸びるのは間違いないです。大人が遊ぶガジェットとして考えた場合であっても、ひとめや国の許可がうるさいドローン撮影とは違い、地面を走るラジコンな上に、オフロードでもオンロードでも走行可能なパワーとスピード、おまけに自由自在に水平ドリフト走行+走行映像まで撮影できてしまう・・
まさに理想が形になったおもちゃ それが、ROBOMASTER S1 ですね
DJI的には、これからROBOMASTER S1の世界大会開催とか、カスタムパーツなどをどんどん出す計画のようで、これは時代先取りアイテムですね

海外通販ショップでも取り扱ってます

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約61400円~

ドローン買うなら今はここが安い!最新クーポン更新情報



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください