Banggoodトップ
gearbestセール

DBPOWER MJX Bugs6 飛行レビュー

ブラシレスモーターのレーシングドローンタイプMJX Bugs6を飛行レビュー。この操作レスポンスの良さはレーシングドローンのデビューに最適!
MJX bugs6 梱包内容
  • Bugs6本体
  • 説明書(日本語)
  • 予備プロペラ/プロペラガード
  • 取り付け金具
  • 充電器(2~3セルバランスチャージャー)
  • バッテリー 2セル 1300mAh25C
bugs6 本体 重い
bugs6 カメラなし 頑丈
持ち上げてみると設計に無駄がないと思えるほど各パーツががちっと動かない設計で、車で例えるならロールバーでも入れてるのか?と思えるほどボディは頑丈
前後に搭載したLEDライトが明るいです。FPVカメラを取り付けるスペースが設計されており、純正の専用カメラだけでなく、サイズ的には市販の5.8FPVカメラも入ります
そして空洞が多いわりにズシッとした重さ。これを支えて飛ばすブラシレスモーターの物濃さと力強さを感じます
bugs6 バッテリー
bugs6 バッテリーチャージャー
バッテリーは2セル7.4V 1300mAh25Cを搭載。付属のバッテリーチャージャーは3セルまで対応。ブラシレスモーターの仕様上、3セルでも動作できるため将来的なバッテリーアップグレードも想定されてます
bugs6 コントローラー
bugs6 単3電池4本
コントローラーはMJXシリーズのモデルは広くトイに普及していますが、ブラシレスモーターなのでプロペラロック機能は点いてます。単3電池4本で動作します

DBPOWER MJX Bugs6 実際に飛ばしてみた動画

初回、部屋でのテスト飛行(ブラシレスモーターとわかってたので無理はしない)をした時点で確信しました。あ、こいつやばい(;´・ω・)家じゃ無理!って事で早速次の週に郊外にて飛ばしてきた時の動画です。

レーシングモデル初体験!これは気持ち良い!!

今まで40機近いおもちゃのドローンを飛ばしてきたけれど、レーシングモデルのドローンは初めてだったので、正直ドキドキしてました。
実際、部屋で離陸させた瞬間の浮き上がり方とホバリングの感覚で言えば、MJX Bugs3に似ていたのですが、ハイスピードモードに切り替えた瞬間からもはや別物
こ、これがレーシングモデルという奴か!(゚Д゚;)

スピードとパワーがあるからコントロールしやすい

ドローンで怖いのって制御不能に陥る事ですよね。例えば強風で流された時、カウンター操作をしてもパワー不足で思うような動きができなかったり、自動制御の誤作動とか非常に危険です
Bugs6は多少の強風(5~6m)ではびくとしません。自重もそうですが、なんといってもブラシレスモーターのパワー。スロットルの0~100%を瞬時MAXまで持っていく事でスピードに緩急をつける事できます
危ないと思ったら落とす事もできるし、スロットルオフからの全開で姿勢を立て直す瞬間操作のレスポンスもかなり良い!自分で飛行をイメージしたらその通り飛べるスペック持ってますね

MJX Bugs6まとめ レーシングドローン入門機として

bugs6 レーシングドローン
本格的なレーシングドローンに手を出すのが怖い・・もうちょっとトイドローンで練習してから・・と悩む人に最適な入門機。40機以上トイドローンを色々飛ばしてる私でも重量のあるレーシングタイプは初で、まったく違う挙動に驚きました
風の影響を受けない重量・スピード・パワー。それをコントロールする自分の腕と自信があるなら、飛ばす場所さえ考慮してこれ飛ばしてみてください。びっくりするくらい自分のイメージ通りの素直な操作反応に驚きます
私はこれ愛機の一台として今後もカスタマイズして利用していく予定です

MJX Bugs6 取り扱い販売ショップ(平均価格)

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約12000円~
実際に飛ばしてみて、確実に一人称で操作するFPVカメラは必要だと感じたので、FPVカメラ+FPVモニター・FPVゴーグルが最初からセットで購入できるショップのリンク先を載せておきます※3点という表記は内蔵5.8G FPVカメラ+FPVモニター+FPVゴーグルがセットになっているという意味です。リンク先にてオプションを外して2点、1点買いなど選べます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください