Banggoodトップ
gearbestセール

GoolRC GTeng T901F飛行レビュー

GoolRC GTeng T901Fの飛行レビューです。最大32CHのレシーバーを持つ5.8G FPVでモニター+腕時計にも画面を出力!?ドローン本体とコントローラー用に2本バッテリーを搭載、FPVウォッチで一緒に空撮を楽しめるドローンが登場
  • 説明書
  • T901F本体(720pカメラ+バッテリー3.7V 500mAh)
  • コントローラー(バッテリー3.7V 450mAh)
  • FPVウォッチ
  • USB充電ケーブル2本/ウォッチ用マイクロUSBケーブル
  • 予備プロペラ×4
  • 4GB MicroSDカード
  • USBカードリーダー

GoolRC GTeng T901F飛行動画

室内での簡単なテスト飛行をしてみた所、スピードが室内向けじゃない事がわかりました。また屋外で飛ばした際、室内灯ではかなり暗く映っていたカメラ映像も、日中の晴れた天気であれば綺麗に映る事も確認しました

何と言ってもFPVウォッチが大活躍!

操縦者が手元のモニターを見て、操作するタイプは結構ありますが、一緒に飛んでるドローンを見ている人も空撮映像を楽しめるFPVウォッチというのは他にはない!。
たいていドローンを飛ばすのについて行く人は暇ですからね(;^ω^)これは一緒に楽しめるので良いアイデアグッズです

ボディの重さを高出力でカバー!だからこその操作難度

バッテリーを搭載した状態でボディが重いのか、浮上した後の降下速度が速いです。しかしそれを補うためにスロットル出力が高い感じで、どちらかと言えばレースドローンのような瞬間パワーを備えているため、操作は繊細に。
繊細な羽のごとくスロットルレバーをミリ単位で浮き沈みさせる感じ。え?今動かした!?(゚Д゚;)というレベルでわずかな変更もすべてドローン側に反映されるため、くしゃみなんてしたら大変です(汗)水平移動も同様に軽く右レバーを倒すだけですーっと流れる感じです。
また、高度を維持したまま、前後左右への旋回した際も、ボディの重さの分だけ高度が下がるためスロットルを上げながら旋回という操作がポイントになります
モノホンの重量ドローンを操作してる人にとっては、重量による制動距離の違いが似ていていいかも。本体重量をパワーで補うドローンは普段飛ばす事はできないと思うので、室内練習で腕を磨くにはちょうどいい重さとサイズかもしれません。

バッテリーボックスがぎりぎり設計

若干の問題は、ボディの形状に対し、バッテリーがほぼ同サイズのため、固定で収まる反面、スペースが少なくぎりぎり閉まるか閉まらないか・・。
バッテリーがうまくはまらないと、重心がブレて、キャリブレーションしてもずれる事があります。
落下や衝突の衝撃でパカっと開くと、重心がいきなり変わってコントロール不能になる事もあるので、バッテリーをいかにうまく収納するかがやはり大事です

ボディが重く出力で支えるタイプの練習機+周りもFPV体験

GTeng T901F
プロペラの回転出力でボディ重量を支えるというタイプなので、重量があるタイプでAlutitude Holdなしの挙動を学べるミニドローンです
  • ちょっとしたスロットルの出力低下が即墜落に繋がるリスク
  • 降下→浮上して持ちこたえても高速回転したプロペラやモーターに負荷がかかるリスク
  • バッテリーの消費も多くなり、飛行時間も低下するリスク
  • ボディ重量バランスによる著しい駆動性への影響
それとメーカーによってはFPVウォッチが付属してるセットもありますのでそちらをおすすめです。FPVウォッチは操縦者ではなく、一緒に見ている人もコックピット視点でドローンが捉えている映像を見れます
基本5.8FPV映像を受信できるため、このT901Fに限らず今後、どのドローンでも5.8GFPVカメラを搭載しているタイプの映像を受信できます。

GTeng T901F取り扱い販売ショップ(平均価格)

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約8000円~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください