JJRC H31レビュー 軽さと操作性の夏用防水ドローン

JJRC H31の誰得なぶっこわれ高速旋回に魅せられてゲットしましたが(笑)これ、それ以上に軽さと操作性が非常に抜群で海やキャンプなんかのアウトドアと非常に相性が良い夏おもちゃ!という事で詳しくその辺レビューしていきます。もしかしたらトイドローンデビューこれでもいいかも?
  • H31本体
  • 送信機
  • 説明書(中国語)
  • プロペラガード
  • 予備プロペラ/ドライバー
  • サングラス(夏仕様向け?)

JJRC H31飛行動画

軽量・頑丈・機動性!すべてがずば抜けたぶっ壊れ機体(笑)

なんじゃこりゃ!?(゚Д゚;)が飛ばした時の第一声でした(笑)はっきりいって100均でプラスチックのブーメラン?フリスビーでも投げたかな?と思えるほど操作性は軽く、また天井にぶつかる!?という微妙な距離でもスロットルオフで急速制動で回避可能・・もう一度いうなんじゃこりゃ(゚Д゚;)(笑)
私は声を大にして何度もでいうかもしれませんが、JJRC H31はトイドローンにおける隠れた名機です。これほどに操縦者の入力がリアルタイムダイレクトに無遅延で反映され、おもしろいくらいに思いどおりに動かせる機体は珍しい
しかも、軽量な上に最速で人にぶつかっても、フリスビーが強くあたったレベルのダメージです。ボディもぺにゃっぺにゃ、プロペラもぺらんぺらんなのに、奇跡の設計バランスを保っているのか、飛行性にまったく影響はありません(笑)
さらに!(゚Д゚;)まだあります。このJJRC H31というドローンだけ、高速時の旋回速度がぶっ壊れています。意図的なのかプログラムミスなのか、あんな動きをするドローンは後に先にもないレア操作です。だって誰が得するねん!っていう動きだから(笑)
そんな、設計面や謎のぶっ壊れ制動だけが魅力ではありません。強風の中でも風をぬって飛べる機体(もちろん操縦者の上でありき)という意味でも凄いし、なんといっても防水なので急な雨にも耐えられるなど、これをベースに今後開発してほしい!と寝返るトイドローン。おまけにコスト安いしw

注意:防水ドローンだけど装備に気を付けよう

防水ドローンという売りですが、もし防水を試すのであれば以下の点に注意してください
  • 海では飛ばさない(塩水でリポバッテリーが死にします)
  • ランディングギアとプロペラガードをつけよう
急な雨など、上からの場合は問題はまったくないのですが、着水の場合注意が必要です。付属のランディングギア(足)は中が空洞の水かきのようになっています。これが浮力の1つ、さらにプロペラガードとあわせる事でボディ部分が浸水しない設計になっています
そのため、そのどちらも装備しない状態で着水してしまうと・・(ノД`)・゜・。私のように失ってしまいますのでご注意ください

JJRC H31 取り扱い販売ショップ(平均価格)

※価格はセール等で変動するのでリンク先のショップを参照 通常価格:約3000円~ 人気商品なのか結構スペアパーツやバッテリーも売ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です